みなさんおはようございます!
高松市国分寺町の11号線沿いにある
国分寺整骨院の院長の田口です。

今週末の香川県は最高気温が28度にもなり、いい天気が続いています。

県総体が開催されていて、高校生が一生懸命頑張っていることでしょうね。

屋外で行う競技の陸上やサッカー、テニスなどは天候に大きく影響されるスポーツですが、中でも競技用のシューズは過酷な環境の中で使用されています。

シューズの性能や種類も選手のパフォーマンスに影響する大きな要因の1つだと思います。
ですが結構な値段もしますから、再々買い換えるわけにもいきませんよね。

そこで今日は過酷な環境の中で使用されるシューズを長持ちさせるために、自宅でできる対策をお伝えします。

読んでいただくと、競技用のシューズだけではなく通勤用の靴やお出かけ用の靴の手入れの参考にもなると思いますよ。

この梅雨時期にシューズの手入れで大事なことは、やはり何と言っても防水対策でしょう。

特に革を使用した靴やスポーツシューズは水が天敵です。

そこでシューズを傷めないための防水対策で大事なことは3つあります。

1。防水スプレーを使用する。


市販の防水スプレーで防水加工すると、水だけではなく汚れも付きにくくなりますから、まずは少々の水であれば弾くように加工しましょう。
その際、見えにくいところで試してみてからスプレーしてください。

2。風通しの良い日陰で干す。

防水スプレーで加工したからといって、水溜りの中を走ったり大雨の中で試合したりするとシューズの中までびしょびしょになってしまいます。
その場合は、まずタオルなどで表面を丁寧に拭き取りましょう。
そしてシューズの中に新聞紙を詰め込んで、風通しの良い日陰で干すようにしてください。
革を使用しているシューズを天日干しするのは、革を傷める原因になりますから避けましょう。
ドライヤーなどで急激に乾かすのもおすすめできません。

3。仕上げに革専用のクリームで保護する。


十分に乾いたら専用のクリーナーで汚れを落とし、革クリームで表面を保護してあげることで傷みにくくなります。
その上で防水スプレーで仕上げをするようにしましょう。

結論として、直射日光やドライヤーで急激に乾かさないこと、防水スプレーで防水加工すること、クリームで保護することでシューズが長持ちします。

大切なシューズが長持ちするように、特にこの梅雨時期は気をつけてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください