みなさんおはようございます!
高松市国分寺町の11号線沿いにある
国分寺整骨院の院長の田口です。

国分寺整骨院には様々なスポーツを頑張っておられる患者さんが来られています。

マラソン

ロードバイク

水泳

ゴルフ

バレーボール

テニス

野球

相撲
などなど・・・。

皆さん元々は足が痛いとか、肩が上がらないなどの体の不調を訴えて来られました。

では体の痛みがないと整骨院に通ってはいけないのでしょうか?

今日はスポーツに限らず、お体のメンテナンスの重要性についてお伝えいたします。

体のどこかが痛くなってからでは、実は治るのにも時間がかかりますから、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まず、整骨院のかかり方についてはこのブログを参考にしてみてください。

◆肩こりを保険で診てもらえますか?

整骨院では健康保険で治療を受けることができるのは、急性のケガのみです。
そして国分寺整骨院は自費治療専門ですから、痛みの治療もメンテナンスも自費となります。

では試合や大会の前にコンディションを整えるとどのようなことが期待できるのでしょうか?

期待できることは3つあります。

1。怪我をしにくくなる。

間違った体の使い方や、部分的に負担が集中してしまうような体のバランスで競技を行うと、怪我をしやすくなります。

よくあるのが、左のひざの違和感があるのに放置して、左ひざをかばうように走ったら左の足の付け根に痛みが出たとか、腰の痛みをかばっていたら首に痛みが出たなどです。

体を動かす前にバランスを整えることで、傷めにくい体になります。

2。記録が出やすくなる。

動かしやすい体にしておくことで、本来の筋力を発揮しやすくなったり、無駄な力を抑えることができるため、記録が出やすくなることが期待できます。

実際にマスターズの水泳の大会に参戦している患者さんは、左肩が上がりにくいという症状を全身を整えることで調整し続けた結果、3ヶ月ほどで200mのメドレーの記録が3秒縮まったそうです。

また、フルマラソンの大会ごとに自己記録を更新している男性患者さんもおられます。
この方は足首の痛みが気にならなくなったことで、ランニングフォームも変わりました。

皆さん、ご自身の日々のトレーニングの成果が出たものだとは思いますが、バランスの良い体を手に入れることで常に記録更新を狙える状態をキープしておくことが可能になります。

3。本来の力を出すことができて、疲労回復が早くなる。

国分寺整骨院で導入している「ハイチャージNEO」を用いた治療が「ハイチャージ療法」は、電流の強さと周波数を同時に変調させることで、神経や筋肉の刺激のみならず、全身の細胞に働きかけることを可能とした画期的な技術です。

痛みの軽減や炎症の緩和、ケガの回復などはもちろんのこと、細胞レベルでエネルギーを導入し、エナルギーの発電所と言われる「ミトコンドリア」を活性化することで代謝を高めることにより、疲れた体のケアや自然治癒力の向上など様々な効果が期待できます。

スポーツの前には本来の力が発揮できる体に、スポーツ後には疲労回復を早める目的などに使えます。
実際にプロ野球選手や、プロサッカー選手、競輪選手などが使用している例があります。あるプロ野球球団はハイチャージNEOを3台所有しており、選手の怪我やメンテナンスに使っています。

当院に来られているスポーツ選手は、大会や試合前にハイチャージを受けに来られます。

先日、スポーツが趣味の腰を痛めた患者さんが来られた時に、大会前のメンテナンスをお勧めしたところ、「なるほど、痛くなくても来てもいいんですね。いいこと聞きました。」とおっしゃっていました。

実際に体が痛くなる前にメンテナンスをすることで、悪い状態になりにくいお体を目指すこともできますので、スポーツを頑張っている方に限らず、お体のメンテナンスをお勧めいたします。

まだまだ続く鬱陶しい梅雨ですが、体調を崩しやすい時期でもありますので、お体の調子を整えるためにハイチャージNEOと整体を受けてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください