ご近所の皆様、大変お騒がせいたしまして申し訳ございません。

2020年5月20日のお昼に、急に警察の方が来られました。

「目の前の道で自転車で転んだ方がいて、トイレを貸してほしいと言っているんですが貸してもらっても大丈夫ですか?」とのこと。

どうやら自転車の自損事故で処理に来られていた警察官の方だったようです。

特に何も考えずに「いいですよ〜」とお答えして、私は施術室にいたので受付スタッフさんに案内してもらってトイレをお貸ししました。

しかし10分くらい出てきません。

転んだということを聞いていたので、ひょっとしたら転んだ際に頭を打っていて「脳震盪」や「急性硬膜下血腫」の可能性も考えて受付スタッフの女性に様子を見てもらいました。(トイレに入っていた方は女性だったので)

ちなみにその受付スタッフの女性は看護師の資格を持っています。

確認するとやはりトイレで倒れていたのですぐに救急車を呼び、その場にいた警察官にも伝えました。

パトカー2台、白バイ1台、警察官が7〜8名、救急車1台、救急隊員3名の物ものしい雰囲気になりましたが、詳しく検査した結果どうやら救急搬送は無しでいけるということでしたので一安心です。

詳しくは書けませんが倒れていたのは別の原因だそうです。

患者さん、ご近所の方々には大変お騒がせいたしましたが、このような状況でしたのでご報告させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください