皆さんおはようございます!

国分寺整骨院の院長、田口です。

国分寺整骨院も開院から6年を過ぎましたが、途中数え切れないほどの配置換えを行ったり、ベッド数を増減したりと試行錯誤を続けてまいりました。

2年前から、現在治療に取り入れている治療法を学び始め、ようやく院内の配置もこれで行けるのではないかという配置に落ち着きました。

そこで今回は来院される患者さんに、さらに落ち着いた治療スペースを提供できるように、治療スペースをカーテンで仕切るようにリフォームすることにしたのです。

↓改装前です。

工事計画を始めたのは今年の3月で、計画から工事まで5ヶ月ほどかかりましたが、8/8(土)〜8/10(月)の3連休で無事工事を行うことができました。

工事をお願いしたのは、当院の患者さんでリフォーム業を営む社長さんです。

地元の国分寺町を拠点に、西に東に非常にお忙しい方です。

以前にもサッシを二重サッシに変えてもらったり、スタッフルームの壁を増設してもらったりと何度かお仕事をお願いしております。

治療スペースをカーテンで仕切る計画にも、何度も細かい寸法の相談に乗っていただきとても助かりました。

工事が終わってカーテンを閉めてみると、以前とは全く違った空間が出来上がりました。

同時に院内の照明をトイレも含めて24箇所全てLED照明に変えたことで、受付スペースはもちろん、より明るい治療スペースとなったと思います。

8/12以降に治療に来られる患者さんは院内の雰囲気がガラッと変わっていますので驚かれるかもしれませんが、今までより落ち着いて治療を受けることができますのでご安心ください。

今回、工事に関わって頂いた「カメハウス」の亀井社長、タチカワブラインドの方々、大変お世話になりました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

(国分寺整骨院 柔道整復師 田口誠二 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください