皆さんおはようございます!

国分寺整骨院の院長、田口です。

国分寺整骨院も開院から6年を過ぎましたが、今回ロードサイドの看板を新しくデザインし直しました。

実は看板のデザインを変更するのはこれで3回目です。

3回目にして大阪のデザイン会社であるマイスターサポート様にお願いして作っていただきました。

そして昨日の8月30日(日)に丸亀のホーライ工芸様の藤田社長と社員さんに旧看板の撤去と、新看板の据付工事をしていただきました。

もうすぐ9月だというのに朝から30度以上ある日陰もない猛暑の中の作業です。

手際良く解体されていく旧看板。

新しい看板のデザインに関しては、開業時に別の会社でデザインしてもらったロゴデザインをモチーフにスッキリとしたもので、とても気に入っています。

何と30種類以上のデザインをご提案いただき、最終的には私の写真も入れていただきました。

そして看板自体も、以前は「内照式」といって中の蛍光灯が光ることで夜も見えやすいというメリットがある一方、蛍光灯を使用しているため、光が弱いのと、メンテナンスが面倒だというデメリットがありました。

今回は「外照式」という外側から照明を当てて目立たせるものに変更しました。

しかも照明器具はLEDを使用しているため、明るくてみやすいものになりました。

照明器具の選定の際は、整骨院の看板の西側にはスペースがないので照明のアームを張り出すことができず、特殊な照明器具を提案いただきました。

逆に道路の進行方向である看板の東側は十分にスペースがあるため、より明るくて目立つ照明を選定していただいたことで、納得のいく仕上がりとなりました。

工事計画を始めたのは今年の3月で、計画から工事まで5ヶ月ほどかかりましたが無事工事を行うことができました。

工事が終わって車で通ってみると、以前とは全く違った印象の看板が出来上がりました。

8/31以降に治療に来られる患者さんは看板の雰囲気がガラッと変わっていますので驚かれるかもしれませんね。

県内の主要幹線道路である国道11合線沿いなので、通勤途中の方も目にすると思います。

今回、工事に関わって頂いた大阪市の「マイスターサポート」の島田社長やデザイナーの方々、丸亀市の「ホーライ工芸」の藤田社長や社員の方々、大変お世話になりました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

(国分寺整骨院 柔道整復師 田口誠二 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください