国分寺整骨院は完全予約制という形をとってそれぞれの患者さんの治療に当たっています。

お電話でのご予約の際に、

「頭痛がひどいのですが診てもらうことはできますか?」

「今朝から腰痛がひどくなったので治療を受けたいのですが大丈夫ですか?」

このようなお問い合わせをいただきます。

当院で一番多い患者さんの症状は「腰痛」です。

急な腰痛や肩の痛みなどの場合は患者さんも「整骨院でいいかな?」と想像がつきやすいみたいです。

しかし頭痛やめまいなどの症状の場合は、

「私の症状の場合は診てもらうのが整骨院で合ってるんだろうか?」

と思われる方も多いようですね。

当院には例えば

肩こり

肩の痛み

頭痛

めまい

不眠症

お尻の痛み

足の付け根の痛み

ひざの痛み

足首の痛み

歩きにくさ

などなど様々な症状の患者さんが来られていますので、ご自分の症状が整骨院の受診でいいのか?とお思いの方はお電話でお問い合わせいただけましたらご説明させていただきます。

LINEからでも大丈夫ですのでお問い合わせくださいね。

友だち追加はこちら↓

https://line.me/R/ti/p/%40bcc2759j

さて、今日は当院で行う整体治療で体のバランスを整えることによって、その症状に良い変化が出る意外な症状をご紹介します。

最後まで読んでいただければ

「え?そんな症状が良くなるの?」

「なるほど、そんな原因があるのか」

などと思っていただけると思いますのでぜひお読みくださいね。

 

体のすみずみまで行き渡っている血管

私たちの体は、心臓から出た血液が太さが様々な血管を通って全身に行き渡っています。

そして体の端まで流れていった血液は、また心臓へ向かって戻ってきます。

その過程で、口や鼻から肺に取り入れた新鮮な酸素を血液の中に取り込んで全身に運んでいます。

私たちの体に必要な栄養や酸素は血液を介して体のすみずみまで行き渡るようになっているんですね。

患者さんからよく、

「手の指先や、足の指先が冷たい」

「冷え性なんです」

などということをお聞きします。

これは全身の血流の悪い状態ですよね。

ご経験がおありの方も多いかと思います。

手の指先や足の指先は体の端っこなので、体の血流が悪いと端っこまでスムーズに血液が流れにくくなってしまいます。

これは運動不足も関係しておりますが、普段の姿勢や体の使い方が原因で体がねじれてしまっていることも大きく関係しております。

そういう意味でもバランスの良い体って大事だということです。

 

あごの周辺も体の端っこです

さて、血液が流れにくくなると体の端っこまで届きにくくなる、ということについて、手の先や足の先は何となくイメージしやすいと思います。

しかし実は血管の配置からすると「あご」周りも体の端っこということが言えます。

全身の血液が流れにくいと、

あご周りの血流も滞ってしまう

ということになります。

あご周りには何がありますか?

歯茎や歯がありますよね。

当然ですが歯茎にも新鮮な酸素を含んだ血液が必要です。

もちろん栄養も。

酸素不足になった歯茎は、口内細菌の中でも酸素を嫌う菌が繁殖するようになります。

酸素を嫌う菌の代表は、わかりやすく言うと「歯周病菌」です。

歯周病菌は、口内細菌のバランスが整っていると悪さをしませんが、あごの血流が悪くなり酸素不足になると人間にとっては良くない働きをしてしまうのです。

例えば

歯茎が腫れる

ウミが出る、

歯や顎の骨を溶かしてしまう

などです。

日本人の成人(30歳以上)の実に69%が歯周病だと言われています。

もし歯医者で歯周病治療を受けていても思ったように良くならない、という場合は体の歪みによるあごの血流不足、酸素不足が影響しているかもしれません。

体全体のバランスも大事ですし、口内細菌バランスも大事です。

つまり、体がねじれたりゆがんだりバランスが崩れてしまうと、あごの血流が悪くなり酸素不足になって「歯周病」を悪化させる原因にもなってしまうということなのです。

 

香川県民は特に注意が必要

さて皆さんはスーパーに買い物に行った時、

「なるべく近くの駐車場に停めたい」と車を停めるところを探しませんか?

私もそういうことがよくあります。

家に帰ると自宅の駐車場は敷地内にあるか、集合住宅なら駐車場が建物の目の前にありますよね。

香川県では車移動が多くドアtoドアですから、意識しないと歩くことが本当に少ないですよね。

そして外を歩こうにも、特に冬は寒いから面倒になってしまうというのは私も経験があります。

寒さを凌ぐためだけにジムに入会してウォーキングしていたこともあるくらいですから。

歯周病の改善には新鮮な血をあご周辺に循環させることが大事なので、

「歩く」という有酸素運動

が必要になってきます。

理想は「屋外を歩く」ということですが、それでも無理という方は次の方法をお試しください。

それはご自宅などの暖かい部屋で、「その場で足踏みをする」ということです。

テレビを見ながらでしたら20分間、あっという間に終わります。

どうせテレビを見るなら、その時間を足踏みしてみませんか?

「足踏み」という有酸素運動をすることで体のすみずみまで新鮮な酸素と栄養が血液によって運ばれていきます。

結果的にあご周り、歯茎周りの血流も酸素不足も改善し、歯磨きや歯医者さんの治療だけではなかなか良くならなかった歯周病にいい変化がみられると思いますよ。

ただ地道に続けていく必要がありますから、根気も大事ですし、もちろん歯医者さんでの治療も併せて行うのが理想です。

ぜひ頑張ってみてくださいね。

ウォーキングや足踏みをする前に、

その効果が高くなるように体のねじれをとりたい

体のゆがみを整えたい

という方はぜひ国分寺整骨院までご相談くださいね。

+++++++++++++++++++++++

国分寺整骨院は完全予約制、自費治療専門の整骨院です。

受診にはご予約が必要ですので、お電話かネットでのご予約をお願いいたします。

受診をご希望の方は 

087-899-5500

まで今すぐお電話でご予約ください。

24時間受付可能な治療の予約専用ページはこちら↓です。

https://kokubunji.co/webyoyaku

+++++++++++++++++++++++

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください