初めて来られたときの患者さんの状態

この患者さんは、ご紹介で来られました。

約半年前から左の肩に痛みを感じ始め、4ヶ月前から激痛が走り全く上がらないようになったという状態でした。

それでも病院に通いながらリハビリを重ねて好きなスポーツを続けておられましたが、改善がみられずお困りでした。

さらに左足の痛みのお尻からひざ裏にかけての痛みや張りがあり、朝に歩きにくかったり、自転車を漕いでいると足が抜けそうになるということをおっしゃっていました。

なんとか以前のように思いっきりスポーツを楽しみたいということで来られました。

 

この患者さんの治療方法

よくよくお話をお聞きすると、以前に右足をお怪我されて長期間固定することがあったそうです。

その際に足をかばって生活をされていたので偏ったバランスになってしまったと想像できました。

実際にお体を確認させていただくと、足のねじれが強くお体全体のねじれもはっきりとありました。

まっすぐに動かないものを無理やり動かして運動をしていたので、今まで溜まった負担が一気に痛みやしびれとなって吹き出した感じです。

治療計画をしっかりと立てて、1週間おきに治療を続けるとまずは一度の治療で、ひざ裏の張りがほとんど感じなくなり、2回目の治療以降は足の不調がなくなったとのことでした。

さらに1ヶ月半の間に5回の治療で順調に良くなられて、左肩が上まで上がるようになりましたしスポーツもできると喜んでおられました。

今後はさらに動きを良くするために、体のメンテナンスを続けて症状が出にくいお体をキープしていくことになりました。

そこでいただいたお喜びの声をご紹介いたします。

 

患者さんのお喜びの声

・何が決め手で国分寺整骨院を受診されましたか?(当院を選んだ理由)

知人におすすめされたため

・どのような症状にお悩みで当院を受診されましたか?

・左肩の五十肩(痛み、可動域が狭まった)

・左膝裏の張り(朝、張りのため歩きにくかった)

・左臀部の痛み(坐骨神経痛)

・実際に受診されて良かったことをお書きください。

初日で膝裏の張りが改善され2回目以降は症状が全く出なくなった。左側の不調がなくなった。

肩の痛みもなくなり、少しずつ可動域が広がった。

運動時のパフォーマンスがすごく良くなった。

高松市国分寺町 専業主婦 40代 女性

まとめ

このように、日常生活に支障をきたすほどの肩の痛みは計画的にそして的確な治療を進めると必ずと言っていいほど良くなります。

症状の強さや頻度によっては治療回数や期間がかかりますが、原因を取り去る整体で症状を最低限まで減らすことが可能です。

いわゆる五十肩と呼ばれる肩の痛みにお困りの方はぜひご相談くださいね。

ご予約はこちら

(監修 柔道整復師 田口誠二)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください