みなさんおはようございます!
高松市国分寺町の11号線沿いにある
国分寺整骨院の院長の田口です。

夏になると薄着になる機会が増えますが、余分なお肉が気になって・・・という方も多いですよね。

ですから夏を前にしたこの時期にダイエットを意識する方も増えますし、実際に治療中にダイエットの方法を相談されることも増えます。

この服が似合う体型になりたい!とか、
数年前に着ていたお気に入りの服を着たい!とか、理由はいろいろありますよね。

実は私も20年ほど前に15kgのダイエットを成功させた経験があります。

そこで今日は本気で余分なお肉を落としたいという方のために、大事なポイントをお伝えいたします。

いたってシンプルな方法ですので、続けていただくときっと結果が出るはずです。

夏に向かって本気の方だけご覧くださいね!

ダイエット=減量と思いがちですが、元々は食事制限の意味です。

ですから基本は摂りすぎている食事を減らすことになりますので、この時点で無理!という方は読み進めても無駄です(笑)

私が当時、ダイエット法をいろいろ調べると、○○法や○○式など皆さんも知っている方法がたくさんありました。

食べたものを全てノートに記録する、食事を野菜や果物などに置き換える、カロリーやバランスを計算するなど・・・。

全て面倒くさいです(笑)

計算なんかいちいちできませんし、記録なんてもってのほか。
特定の果物に置き換えるのはまだマシですが、そればかり用意しないといけませんからやっぱり面倒。

そこで私が実践した方法のたった2つのポイントをお伝えします。

1.食事は全部半分にする。

別に特別なものを用意する必要もなく、外食の時でもできるとてもシンプルな方法です。
既婚男性なら奥さんが用意した食事を残す勇気は必要ですが、ダイエットには家族の理解と協力は不可欠ですから、そこはしっかりと説得してください。

ご飯も半分だけ食べる。
味噌汁も半分だけ食べる。
ハンバーグもサラダも半分だけ食べる。

計算もなにも不要です。
目分量で構いませんので見た目で半分になるように食事するだけです。

ラーメンでもうどんでもカツ丼でも関係ありません。

半分だけ食べる。
シンプルですよね。

痩せたいと思っている方は余分なお肉が付いているわけですから、半人前の分量で十分です。

ポイントは全てを半分にすることです。
小鉢、付け合わせ、漬物などなど全部ですから、考える必要はありません。

2.毎日1時間歩く。

毎日できたら苦労しないわっ!という声も聞こえてきそうですが、できないことはありません。
毎日10km歩く、毎日5kmランニングするというわけではありませんので、誰にでもできることです。

ここで問題になってくるのが雨の日。
私はカッパを着て歩きましたが、そこまでする必要はありません。
自宅で代わりにできる運動をすればいいだけです。
ランニングマシーンはハードルが高いですが、ステッパーなら5000円程度でネットでも売っていますのでオススメです。

ポイントは歩くスピードに関係なく「1時間」です。
5kmでも6kmでもなく1時間。
ちなみに家の中でステッパーをするなら、テレビを見ながらできますのでやりやすいかもしれませんね。

結論として、カロリー制限のために食事は全て半分、そして1時間歩く
これだけでまだまだ夏に間に合いますよ。

でもシンプルだけど続けないと効果ありません。
本気の方だけ見てね!という理由はそこなんですよね。

どうしても痩せたいという方は、次の食事から取り入れてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください